【清水敬一 熱く語る日本の合唱史】

6月6日(土) 14:50〜16:20
北とぴあ 第二研修室

講師:清水敬一(合唱指揮者)

緻密かつ情熱的な音楽作りで聴衆を魅了する清水敬一先生は、その博識さでも合唱界随一として知られています。そんな清水先生に、日本の合唱史を熱く語っていただきます!なかなか聴くことのできないレアな合唱史講義を、是非お見逃しなく!



清水敬一(合唱指揮者)
1959年5月東京生まれ。1982年3月早稲田大学理工学部電気工学科卒業。指揮法を遠藤雅古、V.Feldbrill、合唱指揮を関屋晋の各氏に師事。現在およそ20の合唱団の指揮を任される。各地で合唱とオーケストラのための作品のコーラスマスターを務め、初演した作品も数多い。世界合唱シンポジウムに於いて講師を務める。国内外の音楽祭・作曲コンクール・合唱コンクールの審査員を歴任。著書に『合唱指導テクニック』、『合唱指揮者という生き方 私が見た「折々の美景」』。現在、全日本合唱連盟及びJCDA日本合唱指揮者協会理事、東京芸術大学及び附属音楽高等学校講師。