【木下牧子 自作を語る】

作曲家による自作を語るシリーズの第二弾、今年は合唱人で歌ったことのない人はいないと言われる大人気作曲家・木下牧子先生をお迎えして、作品に秘めた思いや、音楽全般に関して、演奏者に伝えたいことを幅広くお話ししていただきます。

6月7日(日)13:00〜14:30
北とぴあ 飛鳥ホール

講師:木下牧子(作曲家)

東京生まれ。クラシック・現代音楽系作曲家。管弦楽から吹奏楽、合唱までその活動は幅広く、特に声楽作品は抜群の人気を誇る。
東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学院修了。日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽の部)入選。日本交響楽振興財団作曲賞入選。三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞。主要作品に、オペラ「不思議の国のアリス」、オーケストラのための「ルクス・エテルナ」、室内楽「ねじれていく風景」、吹奏楽「ゴシック」、合唱組曲「方舟」、歌曲集「秋の瞳」他。今までに5回の作品個展を開催。出版は約100冊、CDに「呼吸する大地〜木下牧子管弦楽作品集」(オクタヴィア・レコード)、「室内楽作品集~もうひとつの世界」(ライヴノーツ/「レコード芸術」現代曲部門 特選盤)ほか多数。
木下牧子公式サイトhttps://kinoshitamakiko.com