【明日の授業のためにーこどものうたの行方 Vol.3】

シリーズ企画、こどものうたの行方。3年目の今年は昨年に引き続き、合唱指揮者の野本立人先生と古橋富士雄先生をお迎えし、「ひらいたひらいた」「旅立ちの日に」を題材にお送りします。授業に役立つヒントが沢山詰まった講習会、是非お見逃しなく!

第20回北とぴあ合唱フェスティバル

《「こどものうた」の行方 Vol.3》
〜明日の授業のために〜

今年で3回目となる「こどものうた」の行方シリーズ。昨年に引き続き、兵庫教育大学で将来学校の先生となる学生の教育に携わっている、声楽家で合唱指揮者の野本立人先生、NHK東京児童合唱団を長年に亘り指揮し、日本を代表する合唱団へと育て上げた児童合唱のスペシャリスト、合唱指揮者の古橋富士雄先生をお迎えして開催いたします!学校現場で奮闘する先生方のためのヒントがたくさん詰まった講習会、是非お見逃しなく!

課題曲:
「ひらいたひらいた」(小学校1年生)
「旅立ちの日に」(小学校6年生)
を扱います。(楽譜資料は当日配布いたします)

6月1日(土)16:40〜18:10
北とぴあ つつじホール

進行役:戸﨑文葉

講師:野本立人
(兵庫教育大学大学院学校教育研究科准教授)
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程修了。バリトン歌手として多くのコンサートに出演するほか、指揮者としても多彩な活動を行っている。合唱団ひぐらし、合唱団まるめろ、合唱団轟-TODOROKI-、女声アンサンブル桜組、アンサンブル・ヴォカル・アルカイク=東京、フレーベル少年合唱団等、多数の合唱団の指揮者・音楽監督を務めている。NHK全国学校音楽コンクール課題曲「手紙」(アンジェラ・アキ)、「YELL」(いきものがかり)等を放送初演。2018年度は小学校の部「出発」の指揮を担当。2011年にソロCD「花~わたしたちのうた~」をリリース。JCDA日本合唱指揮者協会会員。合唱人集団「音楽樹」副代表幹事。兵庫教育大学大学院准教授。

講師:古橋富士雄
(NHK東京児童合唱団名誉指揮者)
指揮法を斎藤秀雄、高階正光、紙谷一衛、作曲を島岡譲、矢代秋雄、ピアノを宮島敏の各氏に師事。これまでにオペラ界の草分け的存在である原信子オペラ研究所の専属ピアニスト、NHK東京児童合唱団常任指揮者(音楽監督)、桐朋学園大学音楽学部講師、東京家政学院短期大学講師、日本合唱指揮者協会理事長、浜松市アクトシティ音楽院音楽監督、 NHK「Nコンon the Web」の解説者を歴任する。現在10の合唱団の音楽監督を務める他全国各地の講習会、コンクールの審査等、常に合唱界の指導的立場を担っている。また、2013年9月より福島県相馬市の子供達を対象に東日本大震災の復興支援活動としてエル・システマジャパンの合唱・音楽監督として指導にあたっている。現在NHK東京児童合唱団名誉指揮者、日本コダーイ協会理事、日本合唱指揮者協会常任相談役。

第20回北とぴあ合唱フェスティバルのチケット・パスポートのお申し込みこちら